外国語テープ起こしサービス / transcription

音声・映像データを文字に書き起こし、データ化するサービスです。
外国人へのインタビュー取材、記者会見、国際会議やシンポジウム、海外テレビ番組など外国語で録音されたデータを外国語の文字データに変換します。

テープ起こしメニュー

素起こし

一言一句すべて聞こえた通りに書き起こします。
「えー」「あの」などの不用語や「ああ」「そうそう」などの感嘆詞や相槌、口癖、言い間違いなども忠実に記録されます。
※ 主に裁判の証拠記録や調査研究用、臨場感を出したい場合などに利用されます。

ケバ取り

「えー」「あの」などの不用語や意味のない相槌などは削除(ケバ取り)した上で、聞こえたまま書き起こします。一般的なテープ起こしで、最もよく利用されます。
※ 主に講演会やシンポジウム、インタビュー、座談会などの記録に利用されます。

整文

「えー」「あの」などの不用語などを削除(ケバ取り)した後、重複している言葉や言い間違い、文法の間違いなどを修正し、口語を読みやすい文章に仕上げます。

テープ起こし(テープ起こし+翻訳)

外国語のテープ起こしと日本語への翻訳を同時にご発注いただくことができます。
翻訳業務を行っているアミットだからこそ、翻訳作業を外部に発注することなく迅速に正確に日本語へ翻訳することができます。

テープ起こしの料金

実際の料金は、音声の録音状態・内容・難易度等により変化いたします。以下の料金表はご発注の前の目安としてご覧ください。
料金は無料でお見積りいたします。

テープ起こし10分あたりの料金

素起こし ケバ取り 整文
英語 6,000円~ 5,000円~ 6,000円~
中国語 6,000円~ 5,000円~ 6,000円~
韓国語 6,000円~ 5,000円~ 6,000円~
その他の言語 お問い合わせください

翻訳テープ起こし(テープ起こし+翻訳)10分あたりの料金

言語 料金
英語⇒日本語 25,000円~
中国語⇒日本語 25,000円~
韓国語⇒日本語 25,000円~
その他の言語 お問い合わせください

※上記は素材をmp3、wavなどのデジタルファイルで支給いただく場合の料金となります。アナログファイル等の素材による入稿は別途ご相談ください。
※タイムコードの入力については、別途料金を申し受ける場合がございます。
※料金は話者の人数や話す速度、会話の量などにより変動いたします。
※録音状態が良くない場合、お引き受けしかねることがございます。

納品形態

WORDまたはエクセルファイル
※DVDやプリントしたものが必要な場合は、ご相談ください。

ご依頼の流れ

1. ご依頼内容の確認

コーディネーターが主に以下のような内容をお伺いいたします。
・映像・音声素材(メディア)の種類
・素材の長さ
・スクリプトや資料の有無
・納品形態
・ご希望の納期
・ご予算
・ご使用用途など

2. お見積り、納期のご案内

お見積りの金額は、素材や長さ、作業内容、納期、納品の形式などによって変わってきます。詳細なお見積りをご希望の方は、映像データまたは音声データをお送りください。
ご確認後、見積書をお送りいたします。

3. 正式発注、ご契約

見積書、納期をご確認いただき、問題ない場合は正式にご発注となります。ご発注が確定しましたら、素材をお預かりし、データの状態を確認した上で翻訳作業にとりかかります。
プロジェクトによっては、契約書の締結をお願いする場合があります。 ↓

4. 作業

お預かりしたデータを元にテープ起こしを開始いたします。テープ起こしのメニューと料金は料金のページをご覧ください。講演やセミナー、会議、シンポジウムなどの場合は、当日参加者に配ったレジュメや参加者の氏名や立場などがわかる資料があるとより作業が正確になります。

5. 翻訳作業

起こした内容にについて、翻訳が必要な場合は、翻訳作業を行います。

6. 納品

起こしたものは、原則としてワードファイルで納品いたします。
CD-Rやプリントしたものが必要な場合は、ご相談ください。 テープ起こしと翻訳の両方をご発注いただいた場合は、外国語のテープ起こし原稿と日本語原稿の2種類を納品いたします。

※上記の流れはあくまでモデルケースです。制作内容によっては異なる場合がございます。

無料お見積りとお問い合わせ

無料お見積り、お問い合わせ、ご質問等、お気軽にご相談ください。