シニアコーディネーターインタビュー/ staff interview

翻訳・通訳・調査コーディネーター
任(イム) 美よな
2013年入社
ソウル市立大学経営学部卒業
ウェディング会社での海外営業を経てアミットへ入社
得意言語 : 韓国語、日本語

どのような仕事をしていますか?

翻訳、通訳のコーディネートと韓国語校正を担当しています。コーディネートは言語を問わず担当しています。

ご依頼いただいていてから翻訳物の納品や通訳当日まで、そしてアフターフォローに至るまでをお客様と訳者の架け橋役になって、責任もって対応しています。また、韓国語ネイティブとして、他のスタッフの韓国語案件の校正も担当しています。

なぜアミットに入社を決めたのですか?

元々は翻訳自体に興味がありました。でも、いきなり翻訳者として活躍するには経験も実績も足りなかったので、まずはその業界に入り、プロの翻訳者を身近に見て学びたいと思い、入社を決めました。
でも、実際に働いてみると「翻訳者になりたい」という気持ちはだんだん薄らぎ、むしろコーディネートという仕事にとても魅力を感じています。

なぜコーディネートに魅力を感じるのですか?

imu2人とのコミュニケーションが好きだから、でしょうかね。
希少言語の場合は、訳者の数が限られていることもあり、お客さまの希望と訳者の条件が大きくかい離してしまうことも多々ありますが、そんな時、私はお互いの妥協点をなんとか見出せるよう、時間をかけて双方を説得します。

交渉や説得は手間も時間もかかりエネルギーを消耗しますが、その分だけ、両方が理解してくれて、成約に至ったときは、とてもやりがいを感じますね。

あとは、取り扱う分野やお客様の業種も様々なので、仕事を通して、自分の知らない世界を垣間見ることが出来るのもコーディネーターの魅力の1つです。翻訳者の場合、一つの専門で経験を積み、その分野を極める方が多いですが、私は性格的に、好奇心旺盛で、広く浅くいろんなことを経験したいタイプなので、その点でもコーディネーターの仕事が合っているように思います。

ご結婚されていると聞きましたが、家庭と両立はいかがですか?

結婚はしていますが、まだ子供はいませんし、夫も家事をよくやってくれるので、今のところ家庭も仕事もバランスよくやれていると思います。(笑)
将来、子供が生まれても、アミットはいろんな面で融通が効きやすく、相談しやすい会社なので、あまり心配していません。

仕事量もある程度は自分のペースでコントロールできるので、結婚している女性にとっても働きやすい環境だと思います。アミットでは最近、女性社員が二人結婚しましたが、二人ともそのまま仕事を続けていますよ。

入社を希望される方へのメッセージをお願いします。

多種多彩な分野に触れることができるのが、アミットで働く一番の魅力だと思います。
翻訳、通訳共にいろんな国の人と話をして、その国の特色を知ることができ、新しい観点から物事を見るチャンスにも繋がります。

漫然と耳にするだけだった「グローバル化」ってものが、どんな感じなのかを身近で感じることができるでしょう。私のように好奇心旺盛で、いろんな刺激を受けたい人、是非一緒に働きましょう。